仏の経典を精通して常日頃の難問を適応したり、幸せを祈る、あるいは、如来を通して祖先のお勤めをするのが仏壇のお役目と思います。
長い期間祀られていた仏壇には損傷や汚れの付着木地の傷み金具の経年劣化、彫刻の損傷金箔のめくれ、により、見た感じが低下します。
子供や兄弟姉妹へのメッセージを通知する手紙として、それから自己のための記憶片付けメモとして、年代を問わず遠慮なく文筆することが出来る、老後生活の中でも効果的な帳面です。
終活って最後の生涯を『どのように終わりたいか』といった願望を実現すること、現生の終わりにおいて行動的に用意することで、役立つ生きていく行動です。
お通夜は本当は親族が明晩亡くなった人に寄り添うものだったが、昨今では半夜で終わる半通夜が通常です。

祭事を行うための疑問点や不安点などお客様と葬儀会社との連絡相談も大切ですので聞いても大丈夫と思われることでも、お聞きください。
お仏壇とはイメージ通り仏様簡単にいうなれば如来様をお参りする壇の事を言いその事に加え近年では、お亡くなりになられた肉親や、ご先祖を祀るところという考え方が、普通になってきました。
仏式において北枕に安置するのがベストだとされていますがご遺体安置のルールは神式やキリスト教などの仏式以外の、個々の宗教や宗派によって慣習が変わります。
喪家と言う意味はご不幸のあった人達を指す言葉で喪中の家を東日本では『葬家』を使用することも多く喪家は関西地域を主体として、導入される、傾向にあるようです。
身内と決められた人達を収集して、さよならをする、式事を、「大阪市立北斎場で家族葬」と称されるようになり、ここ何年かで、有名になって、きたとのことです。

法要列席の人達に気持ちを静め菩薩の面前に仏になった故人を迎えて、更に声をかけて、ご供養するものだと思っています。
それはそれで弔辞を述べる本人にすると緊張した時間を過ごしますから式進行に入るのなら、早めに相談させてもらい、納得をして貰うようにしましょう。
大抵の参列者はご家族の後ろ側に座り訪問した順番にご家族の背中側に座って、いただけると、自然に誘導できます。
その昔は通夜式は故人と仲の良い人が夜更けまで仏の横で見取ることが習慣でしたが、現代は列席者をお呼びして通夜式を行い、数時間以内に閉式するのがだいたいです。
終活セミナーや葬儀勉強会や大阪市立北斎場で家族葬ホール見学会などを行っているはずですから、第一はそういうのに参加するのを助言しています。